読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソロベース研究所   Solo Bass Lab.

ベースの魅力と可能性を探求するフロンティア機関、【ソロベース研究所】。ドレミ楽譜出版社より、『きっと誰かに弾いてあげたくなる 魔法のソロ・ベース』好評予約受付中!お問い合わせは solobasslab@gmail.comまで!

【第16次中間報告】 沼津お祭りDays 後編。

 

 6日の昼間は港から駅まで歩き、洗濯やネットカフェで作業する。夕方からはようすけさんと合流し、再び萩皇へ向かう。

 

その途中でようすけさんの教える小学生のサッカークラブが夏休み合宿中とのことで、その小学校に寄り、急遽体育館で沼津のサッカーキッズたちの前で演奏させてもらいました。

 

 

子供たちからはたくさん質問や反応があり、これも貴重な経験となりました。

 

 

その後萩皇へ到着し、昨日お世話になった会長さんたちに改めてお礼を伝えることができました。(そしてまたたくさんご馳走になりました)

 

 

 

22時ごろなつみさんも萩皇に来られ、紹介したいお店があるということで「東京酒場昭和ベイビー」さんへ。

 

 

www.facebook.com

 

 

 

店内至る所に貼られた昭和歌謡のポスターやレコード。転がるようにおかれたギターにまったく関係のないフィギュアなど、めちゃくちゃカオスな雰囲気でありながらどこか懐かしい、落ち着くお店でした。

 

こちらでも20人以上のお客さんで賑わう中ソロベースを演奏させてもらい、店長のともをJAPANさんともセッションさせてもらいました。

 

 

ここでもたくさん飲ませてもらい、気がつくと朝の4時過ぎ。

 

 

 

 

いけない、明日の朝6時に駅で待ち合わせて茅ヶ崎に送ってもらうんだった!

 

 

 

 

後ろ髪を引かれながらもそのまま昭和ベイビーさんを後にし、空がうっすら明るくなる沼津駅に向かいました。

 

 

 

 

 

朝、なつみさん、だいごさんとまちあわせ、他のお神輿チームの方とも合流しみんなで茅ヶ崎へ。

 

茅ヶ崎で予定されているイベント会場の入りまで時間があったので、せっかくなのでここでもお祭りを見学させてもらうことに。

 

 

たくさんの神輿チームの方々に混じり、皆さんに振舞われていたたくさんお酒も料理もご馳走になってしまいました。

 

 

 

 

 

そして時間が近づき、とうとうお別れのとき。

 

 

 

 

 

 

 

なつみさん、あつこさん、だいごさん、ようすけさん、かずみさん、りゅういちさん、そして久呂喜さんや他のたくさんの神輿チームの皆さん。

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

出会わなければ、本当に一生経験できないようなことばかりでした。

 

 

 

 

 

 

また必ず、沼津や三島に帰ってきますね。