読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソロベース研究所   Solo Bass Lab.

ベースの魅力と可能性を探求するフロンティア機関、【ソロベース研究所】。ドレミ楽譜出版社より、『きっと誰かに弾いてあげたくなる 魔法のソロ・ベース』好評発売中!お問い合わせは solobasslab@gmail.comまで!

17曲目 『時には昔の話を/加藤登紀子』

みなさんこんばんは!

 

今のところ出版社さんからのオファーがくる気配はありませんがまだまだがんばります!(笑)

 

今日もまたジブリ作品から名曲をお届けです。

 

youtu.be

 

時には昔の話を/加藤登紀子

難易度 ★★★☆☆

 

86年発表の加藤登紀子さんの名曲です。

92年に『紅の豚』のエンディング曲にもなっていますね。

自分が好きな曲ばかりを選べるのもソロベースの魅力の一つですが、この曲は僕も本当に大好きな曲です。

ぜひオリジナルの歌詞もチェックしてみてくださいね。

 

 

この曲の解説ですが、やはりバラードということもありルートやメロディの音をしっかり伸ばすことが大切です。

そのため素早い左手のポジションチェンジがたくさん出てきますので、視野を広くして指板を捉えましょう。

 

この曲も楽しんで弾いてみてくださいね!