読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソロベース研究所   Solo Bass Lab.

ベースの魅力と可能性を探求するフロンティア機関、【ソロベース研究所】。ドレミ楽譜出版社より、『きっと誰かに弾いてあげたくなる 魔法のソロ・ベース』好評予約受付中!お問い合わせは solobasslab@gmail.comまで!

4曲目 『Black Or White/Michael Jackson』

みなさんこんにちは。

 

日本の曲が続いていたので今日は洋楽で!

 

www.youtube.com

 

 

91年発表のマイケル・ジャクソンのヒットソング。あまりにも有名なイントロのギターフレーズはスラッシュによるものです。

当時『ホーム・アローン』で世界一有名な子役となったマコーレ・カルキン共演のPVも有名ですね。

 

コードがほぼ3つしかなく、非常にシンプルな楽曲です。

今回は2フィンガーでもなくスラップでもなく、ギターのようにストロークを主とする、ベースではなかなかやらない奏法でのアレンジで。

 

キーは原曲通りでE弦やA弦の開放を使い、運指的にはとても楽な曲です。

が、ストローク奏法で2音的確に鳴らしたり、開放弦のミュートに気をつけなければならなかったりと、意外と大変で鍛えられる曲でもあります。

 

 

今回も例によってラップ部分を割愛しショートバージョンにしていますが、ライブやセッションでは1コードなのでソロを取ったり掛け合いにしても面白いかもしれませんね!

 

次回もお楽しみに!