読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソロベース研究所   Solo Bass Lab.

ベースの魅力と可能性を探求するフロンティア機関、【ソロベース研究所】。ドレミ楽譜出版社より、『きっと誰かに弾いてあげたくなる 魔法のソロ・ベース』好評発売中!お問い合わせは solobasslab@gmail.comまで!

【第27次中間報告】 札幌 路上Days。

いよいよ9月。

 

 

 

1日、2日は札幌市街のネットカフェに滞在しつつ、いたるところで路上演奏させてもらいました。

 

 

 

札幌駅前広場。

 

 

赤煉瓦の札幌市庁舎。

 

 

狸小路に、大通り公園。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は路上をするときの場所選びの際、気を付けていることがあります。

 

通行の邪魔にならないような場所であるのはもちろんのこと、

 

 

 

 

・景色や雰囲気が良いところ。

 

 

・静かなところ。

 

 

 

 

 

この二つを絶対条件として場所を探します。

 

 

ふつうの路上のミュージシャンが選ぶような、人が多いところや駅前、みんながよくやっている場所などは選びません。

 

 

 

 

その点札幌は綺麗で雰囲気がよく、落ち着いた場所が多かったのでこちらも気持ちよく演奏させてもらいました。

 

出会いもたくさんあり、友達も増えました。

 

 

 

本当によかった。

 

 

 

 

 

 

 

そして来る9月3日。

 

 

 

 

 

トタニハジメさんに紹介していただいたCafe&Live 8JOさんでのライブの日。

 

 

 

 

福井潤樹さん、Ryuhei Matsuoさんとご一緒に楽しく演奏させてもらいました。

 

 

 

 

その日は夕方お店に早くついてしまい、なんとなく壁にかかっていたアコースティックベースを触らせてもらっていると、かなり良い音がする。

 

 

「ちょっと自分のアンプで出してみてもいいですか??」

 

 

とお願いすると、マスターの菊池さんが快くOKしてくれ、やっぱりアンプで出しても良い。

 

 

 

ソロベースに向いている・・・!

 

 

 

 

 

 

ということで、この旅最北端のライブは無理を言ってお店のアコベ君で弾き通しました。笑

 

 

 

 

シンプルで、とても説得力のある音でした。

 

 

お客さんも楽しんでくれたようで何よりです。

 

 

 

 

そしていよいよ翌日、札幌から熊本へ向けて旅立ちます。

 

 

 

 

北海道の皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

必ずまた来ますね。